沖縄の不動産情報が見つかりますように(^▽^)o

西表島の住宅用地 139坪 更地  




Top > スタッフBLOG:釣りのこと > 超ロング釣行(24時間?)

2013年11月26日

超ロング釣行(24時間?)

週末は良い天気で、土曜日の夕方から出かけ、イカ釣りへ行きました。ヤンバルへ着いたのが、午後6時。いつものポイントには先客さんが車横付けで、キャンプモードでした。残念。^^;
中潮で、海面も穏やか。こんな夜は、釣り人が多いのでした。エギングをしている人が5組以上いて、何だか絡まりそうな気配の中、人の前にキャストしている人もちらほら...
そんな込み合いを離れて、テトラの根掛かりデンジャラスゾーンで粘ってみることにしました。以前、昼間に海底を覗くと、潜って取りに行きたくなるほど、沈んでいるエギを目撃したのでした。
反応は皆無。満潮に近付き海流もゆるくなり、風も納まり、鏡のような海面になり、まったく釣れる気がしません。

意を決して大移動したのは、古宇利島。こちらも、釣り人がたくさんいました。船着場から離れ、外堤防のテトラ帯へ移動すると、2組暗闇の中でビシビシ杓っていました。時折り「うぉー」と、聞こえます。釣れたのではなく、根掛かった反応のようです。でも、今し方釣ったであろう墨跡が多数あるので、この人たち結構釣っている印象でした。100mくらい距離を置き、こちらも開始しました。何時間粘っていただろう?僅かに生命反応を感じつつ、水深も分からないまま、段々と深く狙い始めました。すると、待望の1匹目をゲットしました。^^
たぶん足元のテトラから出てきたイカちゃんが、沖から寄ってくるエギに抱きついた感じでした。その後も順調。^^

アオリイカがいることが分かったので、この次にきた時のポイントにしよう。って事で移動開始。今度は恩納村の漁港へ。常夜灯がたくさんある漁港です。ここでは、最初の数投に反応がありましたが、あとは粘っても全然だめでした。エギを見慣れてスレている...^^;
おまけに根掛かった打ち込みのぶっといラインに、エギのカンナが掛かってしまいました。テトラを降りて行き、捕まえたラインは、出来るだけ多くカットして回収しました。エギも無事に帰ってきました。東の空も段々と白み始めたので、仮眠して朝マズメに備えます。

でも、ココじゃ釣れないと思い直し、日が昇る前に読谷村へ移動。再仮眠し、朝日が昇る頃には、こちらもたくさんの釣り人が集まってきました。すごく綺麗な海で、魚影も豊富。さんご礁の周りや、テーブル状の岩の下には、ホントにたくさんの魚がいました。それを見ているだけで、癒され満足して然程キャストはしませんでしたが、根掛かりが2回あり、回収は2回とも成功しました。こちらも、岩場に沈むエギを数個発見。よっぽど上手くないと釣れない。墨跡は一番多い。

その後も宜野湾市、浦添市、西原町へと移動を繰り返し、土曜の夕方から日曜の夕方まで超ロングな釣行となったのでした。西海岸でアオリイカが釣れたのは、今回が初でした。夜中の内に釣れてクーラーBOXに入っているので、だいぶ余裕があり、色々なポイントを一気に回り、マイポイントも増えたので楽しい週末になりました。
それにしても、両足共にすごい筋肉痛です。^^;


sun 応援クリックお願いします sun

沖縄不動産 にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄県情報へ

『 にほんブログ村 沖縄情報 』

『人気ブログランキング』

上がって〜上がって〜上がって〜 ブログランキングに参加しています。 上がって〜
上のリンクをクリックして頂くと、1日1回有効の投票が出来ます。



上東商事[公式]サイトはコチラから♪
上東商事 Official Site
   



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。