沖縄の不動産情報が見つかりますように(^▽^)o

西表島の住宅用地 139坪 更地  




Top > スタッフBLOG:釣りのこと > 秋のシルイチャー☆ポイント争奪。これって、マナー違反?

2013年10月22日

秋のシルイチャー☆ポイント争奪。これって、マナー違反?

先週に続き、週末は夜釣りへ出かけました。狙いは、アオリイカ。今回は干潮に合わせて、本島北部の漁港へ。22時には現地に到着しましたが、花火をしている子供達が...パンパン鳴る花火は売らないで欲しいけど、私のわがままなのかな?ロケット花火に打ち上げ花火に、シュルーっと回りながら飛び上がり、ッパン!と弾ける。山や堤防に反響して、すぐそばで聞いている感じです。すごい連発で1時間以上もやってましたが、ま、可愛いものか。と、イヤホンを忘れた事を後悔。^^;

入りたいポイントには、お一人いるので、右側に10mくらい離れて、花火が気になりつつ、邪魔しないように待つ。イカのいるポイントは、その方の向こう側。当然その方も狙ってキャストしています。(知ってるんだ...^^)ギリギリ邪魔しないように、コチラから左へキャストしますが、風で押し戻され正面へ飛び、全然イカちゃんは寄ってきません。3時間粘っていると、正面から少し右の別のポイントから、イカちゃんが寄り始めてきました。警戒心抜群!満月で明るいので、見えるとこまできちゃうと、猛ダッシュで逃げていきます。それでも、可愛いのが何とか1匹上がりました。(可愛いサイズは、200gくらい?なので、リリース)

粘った3時間は、報われました。^^ 先にいた方が電話をはじめ、向かいの堤防から、1組帰ってきました。「こんばんは」と、声をかけると、あいつら、タマンを釣ったみたいだよと、教えてくれました。そして、このポイントの様子を教えてくれました。サイトなのに(見えるのに)、全然エギを抱いてくれないそうです。4時間も!そして、この漁港内の、別の(アオリイカ)ポイントも教えてくれました。地元の方なのだそうですが、いつも海人(ウミンチュ)が屯っていて、入れないポイントだそうで、いつもと違った場所でやりたかったらしくて、ココで粘っていたようです。大きな漁港なので、いくつかイカポイントがあると聞きます。実際に釣った方から聞くと、期待感で心が折れにくくなります。^^;

「ココ、入って(移動して)いいですか?」
「もちろん!頑張ってね。」
「はい♪お疲れ様でした。」

と、言い残し帰られました。数投でドンドンポイントを換えて行くの(ランガン)が基本のエギングですが、イカの居るところが分かっているので、私もそこで挑戦したい。4時間も先客が粘っていたのなら、スレて釣りにならない気もしましたが、この一箇所で粘ってでもやってみたい。^^; 急いで車を移動して、道具も移動して、準備が整いました。
そして、本番開始☆キャストして早々にデカイのが!
釣れた話しは、明日にします。^^;ごめんなさい。


さて、釣り始めて、数分後、今し方漁港へ入ってきた車から、2人組みが降りてきました。私がそうしたように、10m程右の離れた位置で準備を始めました。イカは寄ってきているはずなので、釣りきれなかったイカをどんな感じで釣るのか、楽しみに見ようと思っていました。

しかし、何を考えているのか、1人がコチラへ近付き、私の目の前を横切るように左へキャスト!ユクシ(嘘)だろう〜...今、キャストした人の顔を見ると、20台半ばくらいかな?目があったけど、挨拶どころか、すぐにエギの方向を見て、ゴルフクラブのドライバーをフルスイングしたかのような、フュンフュンビュンビュン、しゃくり始めました。竿もリールもヘッドライトも、高価な装備なので、上手いと思っていたのに、なんだ、このコントのようなシャクリは!

面白いので、持っていた竿を置き、椅子に座り様子を見ることにしました。釣り場で挨拶なんてしたくないって人も、集中しているから声をかけないでって人もいるので、別に挨拶されたいわけでも、隣り良いですか?って許可を求められたい訳でもない。ましてや、おしゃべりする為に釣りへ来ているのではないので、そっと隣りで釣りを始められてても構わないのですが、こんなに無神経な邪魔をされると、オイオイ大丈夫ですか?邪魔ですよって声をかけたくなる。

イカがスレているのを感じて、少しエギを泳がすのを止めて、イカちゃんの休憩時間と位置づけて、キャストせずに、海から2mくらい後退してBBQグリルの火をつける準備をしようかな〜と、トランクをいじったり。先週は、この休憩時間が功を奏し、釣果に繋がったのでした。でも、釣りしてますよって椅子は、1mほどの所に残したままです。彼らが準備中の時もコチラはキャストしていたんだから、僅か数十秒で、コチラが釣りを止めたってタイミングではありません。なんて、面白いやつなんだ。

大潮干潮間際の超シャローなので、水深3〜5mほど。なのに、8ft超えの硬そうな竿(MHかH)で、ドラグも鳴って(調整して)ないのに、イカちゃんが仮に触手を伸ばして掛かっていても、身切れしちゃう力強さでフュフュフュンってシャクッていました。

w( ̄o ̄)w オオー!カッチョイーなぁ。釣れるのかな〜?でかいのを狙うなら、こんな方法が良いのかな〜?目の前で邪魔されてシャクだけど、何だか面白い。もしかして、意識しているのかな?違うか。コイツもココでやりたいんだな。3時間も粘って、やっと始めたんだけど、少し譲ろう。ほんの少〜しだけそう思いました。チョビットですよ。なので、居座ろうとしたので、「さぁ〜始めようかな。」と、話しかけるわけでもなく、独り言のように言いましたが、ドカズ仕舞い。しばらく続けていましたが、釣れないじゃないかと、ガン飛ばして、立ち去ったのでした。

そんな彼らはワイワイ言いながらランガンして、1時間ほどすると、今度は車で再登場しました。^^;ヘッドライトを点けたままこちらに向けて停車。しばらくして消灯。満月だし、常夜灯の近くですが、釣り場の暗さに目が慣れているので、HIDの光線がすっごい迷惑。どこまでも残念なヤツらだ。今度は彼女らしき人も一緒に3人で降りてきて、ドンドンこちらに近付きながら、キャストを始めました。

ほっほ〜。場所を譲れと、ドケって事なんですね。一人が強硬派で、二人が止めている感じです。彼女のいる手前、何とか結果を残したいのでしょう。最初から相手にしていないのだし、イカちゃんも調子良いし、もう譲るかどうかは私にはなく、エギング最高だぜ〜の状態でした。^^;
ま、広ければ、別に隣りでやってても構わないのですが、スロープ周辺を二人でシャクっていたので、コチラが止めて譲らない限り、スペース的に無理だと分かったようで、帰って行きました。

これくらい、マナー違反でも何でもない事なのかな?「イヤイヤそんなはずはない。」と、思っているのは、私の方がマナーやモラルの欠如?それとも只のドケチ?^^;ドカネ
片道3時間、粘り待ち3時間。絶好調真っ最中。来週は台風だし、息子の秋休みの思い出にもなるだろうし、やっぱり譲る気が起きなかった。あの態度だし、お三人方、悪しからず。


まちぶらない間隔で、気をつけよう。
まちぶる=おまつり=釣り糸同士が絡まる

sun 応援クリックお願いします sun

沖縄不動産 にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄県情報へ

『 にほんブログ村 沖縄情報 』

『人気ブログランキング』

上がって〜上がって〜上がって〜 ブログランキングに参加しています。 上がって〜
上のリンクをクリックして頂くと、1日1回有効の投票が出来ます。



上東商事[公式]サイトはコチラから♪
上東商事 Official Site
   



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。