沖縄の不動産情報が見つかりますように(^▽^)o

西表島の住宅用地 139坪 更地  




Top > スタッフBLOG:雑 記 > Word2003 言語データの埋め込みチェックをはずす。全新規文書対応−Windows7

2013年08月14日

Word2003 言語データの埋め込みチェックをはずす。全新規文書対応−Windows7

ワードを使っていると、「言語データが云々により...」「保存領域の...」と、アラートが出た事はありませんか?Wordを起動して、毎回ツール、オプション、保存を見ると、言語データの埋め込みにチェックが入っています。このチェック外しを、新規ファイル全ての文書に反映させたい。その手順を忘れないように記載します。操作は、自己責任でお願いします。

Widows7 Word2003


下準備。

すべてのファイルを表示する。


[スタート] ⇒ [コンピューター]
[ツール] ⇒ [フォルダーオプション] ⇒ [表示]
詳細設定の中にある、[ファイルとフォルダ表示]の下段にある、「隠しファイル、隠しフォルダー、および隠しドライブを表示する」を選択して、適用、OKをクリック。

これで、テンプレート用のファイルを選択する事ができるようになるはずです。



Wordをセーフモードで起動する。


[スタート] ⇒ [すべてのプログラム] ⇒ [Microsoft Office]
キーボードのCtrlを押しながら、[MicrosoftOffice Word 2003]をクリック。
セーフモードでワードを起動します。

[ファイル] ⇒ [開く]
Normal.dot
↑このファイルを開きます。

設定のテンプレートになっているであろうファイル(Normal.dot)を開きます。
ウチの場合は、Cドライブのココ⇒Users\コンピューター名\AppData\Roaming\Microsoft\Templatesにありました。
AppDataは、隠しフォルダになっているので、下準備をしていないと、表示されることはありません。
マイドキュメントが表示されたら、上のフォルダへ移動すると、AppDataのフォルダが見つかりやすかったです。



保存の設定を変更する。


ファイルが開いたら、[ツール]⇒[オプション]⇒[保存]
[言語データを埋め込む]のチェックをはずし[適用]⇒[OK]をクリックします。何も記入せずに、文書を上書き保存します。Wordを終了[×]します。

既存のワード文書には、反映されませんのでご注意ください。新規文書の度に、言語データ埋め込みのチェックを外すのがメンドウなので、こんな方法を探してみました。

ネックになったのは、Normal.dotのファイルを探し出すこと。事前に、エクスプローラで場所の確認をしていた方が、ファイルを開く際に手こずらないで済みそうです。


隠しファイル等が、表示されたままだと不安な場合は、「下準備」の要領で、再び隠しておいてください。
2度程この操作をして、ワードの新規文書を確認すると、ちゃんとチェックがはずれていました。^^v

sun 応援クリックお願いします sun

沖縄不動産 にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄県情報へ

『 にほんブログ村 沖縄情報 』

『人気ブログランキング』

上がって〜上がって〜上がって〜 ブログランキングに参加しています。 上がって〜
上のリンクをクリックして頂くと、1日1回有効の投票が出来ます。



上東商事[公式]サイトはコチラから♪
上東商事 Official Site
   

posted by kei at 09:00 | Comment(0) | スタッフBLOG:雑 記



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。