沖縄の不動産情報が見つかりますように(^▽^)o

西表島の住宅用地 139坪 更地  




Top > スタッフBLOG:不動産のこと > 融資審査の時間−大切な財産。お手伝いは慎重に!−

2012年06月22日

融資審査の時間−大切な財産。お手伝いは慎重に!−

自己居住用の不動産売買の場合、買主様の多くは住宅ローンをご利用されます。もちろん融資を利用しない方もいらっしゃったりします。^^銀行の融資を受ける際は、売買契約締結後、融資の本審査を受けます。なので、契約時に売主様、買主様と、その場で決済(引渡し)時期について相談します。銀行の審査する期間を考慮し、境界測量の期間を考慮し、余裕をもって日取りを決めます。

審査結果が出て、それから境界測量の準備に入らなければならない情況が多いので、審査(多く見て)3週間、測量1週間って事で決めたりします。この間に、抵当権が付いている場合は、抹消の準備をし、契約時に決めた決済(引渡し)日に、滞りなく所有権移転等の手続きを行えるようにします。

しかし、よくネックになるのが、審査結果が出てくるのが遅い...「契約書に記載されているのが4週間後だから、審査結果もその直前でいいでしょ」ってスタンスなのか、「まだ時間ありますよね」って返事が多い。当たり前に住宅ローン特約も付いている時代になり、ドンドンゆるくなっている気がします。

金融機関の審査の為だけに、契約から決済まで、4週間もあいているのではないのです。融資が決まらないと、住宅ローン特約で白紙撤回になるのですから、測量を先行できない状況の方が多いのです。事前に連絡を差し上げてても中々連携が取りにくい事も少なくありません。

なんと言いますか、事務的な経験だけで、自分で不動産を購入した経験がないんだな〜って感じる担当者だと、お客様の為に、もうちょっと親身になってくださいと感じて仕方ありません。多くは一生に一度の大きなお買い物。そう感じているのです。何度も売り買いしている方でも大きな額です。心配で慎重です。大切な財産。色んなケースがありますが、大切にお取引のお手伝いをしたいと、改めて気を引き締められます。


sun 応援クリックお願いします sun

沖縄不動産 にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄県情報へ

『 にほんブログ村 沖縄情報 』

『人気ブログランキング』

上がって〜上がって〜上がって〜 ブログランキングに参加しています。 上がって〜
上のリンクをクリックして頂くと、1日1回有効の投票が出来ます。



上東商事[公式]サイトはコチラから♪
上東商事 Official Site
   



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。