沖縄の不動産情報が見つかりますように(^▽^)o

西表島の住宅用地 139坪 更地  




Top > スタッフBLOG:不動産のこと > 交換率と減歩率

2012年02月17日

交換率と減歩率

沖縄も急激に寒さを増しています。前日差−3度。明日は今日より寒くなるようです。短い冬、楽しもう♪^^


友人から土地を見て欲しいと連絡がありました。所有権上は道路に接していないとの事ですが、現地はちゃんと、道路に出入りできる状態にあります。
土地と道路を結ぶ取付道路を路地状部分として、奥になっている土地を査定する場合、どのくらい奥まっているかで土地の価格が変わってきます。

他にも、消防法で道路から見える位置に、非常用進入口がないといけません。那覇市の場合路地状部分が20m以上の場合に必要だったかな?

話しをする時には、道路に接していない土地を、袋地と表現しますが、この路地状部分のある土地の事を査定時には袋地と言います。前者の道路に全く接していない土地を、無道路地と言います。

不動産の大先輩に聞くと、無道路地と接道している土地を交換する場合、3倍が相場だと教えてもらいました。つまり、接道土地が50坪欲しい人が、無道路地を交換に提供する場合、150坪が必要となります。区画整理事業の減歩率はもっと高い気がしますが、完成する予定の道路や環境が計画的に良好になるからでしょうね。^^


sun 応援クリックお願いします sun

沖縄不動産 にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄県情報へ

『 にほんブログ村 沖縄情報 』

『人気ブログランキング』

上がって〜上がって〜上がって〜 ブログランキングに参加しています。 上がって〜
上のリンクをクリックして頂くと、1日1回有効の投票が出来ます。



上東商事[公式]サイトはコチラから♪
上東商事 Official Site
   



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。