沖縄の不動産情報が見つかりますように(^▽^)o

西表島の住宅用地 139坪 更地   長浜アメリカン住宅




Top > スタッフBLOG:雑 記 > 改製原附票 住所の履歴

2009年11月05日

改製原附票 住所の履歴

長年、土地を所有されているお客様の、土地を売却する手続きをしていますが、売地を取得した数十年前の所有権移転時の住所から、数回お引越しをされています。しかし、住所移転に伴ない、事項証明書に記載されている、登記名義人の住所変更は、なされていませんでした。

良くある事≠ナすが、戸籍にも移転があり、数十年前の住所から現住所へのつながりを証明するのに、ややてこずりましたが、とても勉強になりました。^^;

忘れないうちに...
(仮)
@平成20年
那覇市小禄  本籍地  那覇市

A昭和63年
那覇市首里  本籍地  沖縄市

B昭和50年
那覇市国場  本籍地  沖縄市

C昭和45年
沖縄市胡屋  本籍地  沖縄市
↑登記簿謄本(事項証明書)に記載された、所有者の住所


那覇市の住民票には、現住所と、前住所のA首里のみ記載。C不明
那覇市の戸籍の附票は、@小禄の記載のみ。C不明
沖縄市の改製原附票(コンピュータ化前の一部手描き書面)にて、C昭和45年から@現住所まで記載された書面が手に入る。
現住所へ移転した頃は、本籍地が沖縄市にあったようで、沖縄市の改製原附票一枚で、欲しかった全ての住所の繋がりを証明する書面が揃う。

登記は義務ではありませんので、住所が変わっても(引越しても)、住所移転登記をせずに今までのままにしていたようです。
役所では除籍になってから、保管期間が5年となっているので、なるべく住所変更はしていた方がいいかもしれませんね。

sun 応援クリックお願いします sun

沖縄不動産 にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄県情報へ

『 にほんブログ村 沖縄情報 』

『人気ブログランキング』

上がって〜上がって〜上がって〜 ブログランキングに参加しています。 上がって〜
上のリンクをクリックして頂くと、1日1回有効の投票が出来ます。



上東商事[公式]サイトはコチラから♪
上東商事 Official Site
   



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/33447599
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック